【ドレス絵本10選】かわいいドレスを楽しむ絵本【おひめさまやバレリーナ】

目次 目次

④ おかしのくにのバレリーナ

おかしのくにのバレリーナ

Amazonより

教育画劇 犬飼由美恵 文/まるやまあやこ 絵
定価:本体1,100円+税

バレエを習い始めた女の子が、生まれて初めてバレエを見に行きます。
バレエを観に行くための準備がまずとっても楽しそうです。
ドレスを着て、リップを塗って! わくわくどきどきして準備してるんだろうな。
バレエって習い始めはレオタードをきてよく分からない動きをやってばかり、ですからバレエの舞台を観たらこんな風にぽ~っとなっちゃうだろうな。

まぶしい舞台、お菓子の妖精たち、なりやまない拍手……、そんな素敵なものに憧れる、かわいい女の子のほほえましいお話です。

⑤ かようびのドレス

かようびのドレス

Amazonより

ほるぷ出版 ボニ・アッシュバーン 文,ジュリア・デーノス 絵,小川糸 訳
定価: 本体1,400円+税

こちらはドレスはドレスでもお姫さまではありませんし、お城も登場しません。
誰でも持っている、特別お気に入りの、世界一素敵なわたしのドレス!

いつまででも着ていたいけれど、子どもは成長してしまいます。
小さなドレスを着ていられないけれど、どうしてもどうしても手放せない。
でも悲しまないで!
お母さんがチョキチョキチクチク、お気に入りのドレスをやっぱり素敵に変身させてくれるのです。
ちょっとずつ形を変えて、でもずっと一緒のドレス。

お気に入りのドレスへの気持ちと、お母さんがそれをリメイクしてあげる優しい気持ち、幸せになれるお話です。

⑥ プリンセス・リリー

プリンセス・リリー

Amazonより

ブロンズ新社 ブルクハルト・ヌッペナイ/話 モニカ・フィンスターブッシュ/絵 栗栖 カイ/訳
定価 本体1,650円+税

プリンセス・リリーが住むのは花が咲き乱れるプリンセス城。
プリンセス・ガーデンで植物を育て、動物たちと過ごすおてんばな妖精、リリーのもとに、ある日舞踏会への招待状がとどきます。はりきってドレスやアクセサリーをじゅんびするのですが……?

キラキラの鏡、妖精舞踏会の招待状、そして本物のキラキラしたティアラ!
ドレスを作ってくれるお話、絵も素敵なのですがやはり、子ども心をつかむのはきらめく小物。
輝く小物が好きなお子様が楽しめるお話です。

⑦ おひめさまのパーティー ひみつのてがみ

おひめさまのパーティー ひみつのてがみ

Amazonより

大日本絵画 作:ヴィヴィアン・フレンチ 絵:サラ・ギブ 訳編者:吉井知代子
定価:2,090円(税込)

ティアラ・クラブは、おひめさま学園です。
フェアリーりょうぼさまのおたんじょうびに、さいこうのパーティーをひらきたいと「ぎんのバラのへや」のおひめさまたちがひみつでけいかくをたてました。

ケーキにゼリーにサンドイッチ、素敵なかざりも!
どうやってフェアリーりょうぼさまにばれないよう準備したらいいかしら?
一つ一つが凝っていて可愛らしいですし、(お手伝いしてもらいますが)お姫さまだけで準備、というのもワクワクします。

仕掛け絵本ですが、パステルカラーのピンクやブルー、パープルのおひめさまレターセットもついています。
お手紙のやりとりや「ひみつ」にときめくお子さまが楽しめる絵本です。

8. けっこんしきのしょうたいじょう

関連記事