1~2歳 プレイマット おすすめランキングTOP5|飛んでも跳ねても安心して遊べる!

目次 目次

プレイマットの選び方

画像引用元:PIXTA

プレイマットと一言でいっても、発砲スチロールタイプのもの、低反発素材のもの、布素材のものと種類はたくさんあります。

迷ったときに、どう選べばよいか?

私がおすすめする、プレイパットの選び方は以下です。

●清潔に維持できる
●劣化してボロボロにならない(子どもの誤飲予防)
●プレイマットそのものが滑らない

あとは絵柄や素材など、子どもが気に入りそうなデザインを選べばよいと思います。

以下に、私がおすすめするプレイマットを紹介します。

第1位:ベビープレイマット 折り畳み式 かわいいラグマット

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61pUcCzLotL._AC_SL1000_.jpg

このプレイマットがおすすめの理由、それは両面滑り止めでかつ、衝撃吸収と防音に優れている点です。

さらに5層のクッションフォーム構造なので夏は地表(床)からの熱気を遮断し、冬は湿気や換気をシャットアウトしてくれます。

この上に布団を敷けば、心地よい昼寝タイムを演出してくれそうですね!

また子どもが舐めたりしても安心の、無毒無臭材質(高密度XPE)が採用されているのも見逃せないポイントです。

そしてこのプレイマットがおすすめのもうひとつの理由が「折りたためる」こと。

子どもが大きくなって室内でプレイマットが必要なくなったとき、それは折りたたんでしまうことができます。

そして運動会やピクニックなどのときの敷物として大活躍してくれるでしょう。

素材:高密度XPE
サイズ:幅 200cm×高さ180cm×厚さ1cm
お手入れ:水洗い

第2位:CBジャパン ジョイントマット 厚め 12mm

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71EGGTrJOPL._AC_SL1500_.jpg

子供用品店でよく見かけるプレイマットのタイプです。

この「CBジャパン ジョイントマット 厚め 12mm」をおすすめする理由は、12mmと同じタイプの商品の中でも厚めになっているから。

厚めになっている分、弾力がしっかりとしていて騒音対策にももってこいです。

またこちらのプレイマットは、「幅 30cm×高さ30cm」サイズの1枚をつなぎ合わせていくので、大きさを調整することができますし、汚れたり、傷をつけたりしたときも、その部分を交換するだけで済むのも助かりますね。

また厚生労働省が定めているホムムアルデビドの基準値もクリア、それどころかかなり下回っているので赤ちゃんも安心して遊ばせることができます!

素材:ポリエチレン
サイズ:幅 30cm×高さ30cm×厚さ1.2cm(1枚)
お手入れ:水洗い

第3位:イケヒコい草 プレイマット「アンパンマン大集合」

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91g0%2BacIIwL._AC_SL1500_.jpg

プレイマットには珍しい、「い草」が素材に使用されています。

このプレイマットをおすすめしたい理由は、国産の「い草」が使用されているので、日本が昔から愛しむ素材を楽しめる点、そして子どもの大好きな「アンパンマン」がモチーフになっている点です。

「い草が材質なら薄くて衝撃に弱いのでは?」と思われるかもしれませんが、その点は裏地に6mmのウレタンフォームが使用されているのでご安心ください。

い草は、空気をきれいにする効果、湿度を調整する効果があります。

また裏地のウレタンフォームは水分を通さないので、ジュースなどをこぼしたときも安心、床や畳を汚すことがありません。

日本らしい素材、自然由来の素材と子供を触れ合わせたいなら、イチオシの商品です。

素材:表地/い草、裏地/ウレタンフォーム
サイズ:幅 132cm×高さ132cm
お手入れ:乾拭き

第4位:ミッフィー やわらかパズルマット ABC

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!