【首都圏】親子で釣りが楽しめる海と川のおすすめスポット6選!注意点や準備物もご紹介

目次 目次

子どもと安全に釣りをするための注意点

まずはお子さんと釣りをする上で注意してほしいポイントを3つご紹介します。
大切なお子さんを守るためにも、必ず以下の注意点を頭に入れておいてくださいね。

常に子どもに付き添う

普段は大人しいお子さんでも、釣り場の楽しそうな雰囲気でテンションが上がります。

そうすると、走って怪我をしたり、のぞきこんで水に落ちたり、釣り針にひっかかったり。
また、他の家族にぶつかって、怪我をさせてしまう可能性もあります。
さまざまなケースが想定できるので、必ずお子さんのそばにいましょう。

また親御さんも釣りをしているとつい夢中になって、子どもから目を離しがちです。
親子でいるときは、必ず「子どもメインで楽しむ」ということを念頭に置いてくださいね。

むやみに魚に触らせない

釣った魚には、釣り針がついていたり、鋭いトゲや毒針を持っていたりする可能性があります。
特に釣ったばかりの魚はよく暴れるので、少し触れただけでも怪我してしまう恐れが。

子どもには「パパやママが触っていいと言ったら、やさしく触ろうね」などと話しておきましょう。
もしくは釣りに行く前に魚図鑑を買って、危険な魚などの勉強をしてもいいかもしれませんね。

熱中症に気をつける

日陰のないところでの釣りでは、熱中症に気をつけましょう。
こまめな水分補給と休憩、体調はどうかの声掛けをしてくださいね。
下のリーフレットを印刷して、携帯しておくと安心かもしれません。

釣りに行く前に用意するものや確認しておくこと

親子で行く釣りの準備物や、確認しておくことをご紹介します。

服装

釣りはその場でじっと待つ時間が長いもの。体調を崩さないためにも、天候に合わせた服装で行くことが大切です。
季節によって多少異なりますが、一例を載せておきます。

服装必要な理由
ライフジャケット落下などの事故に備えるもの
汚れても良い服汚れを気にせず釣りに集中できる
歩きやすい靴足場が悪いため
帽子熱中症対策のため

とくに重要なのが「ライフジャケット」。お子さんはもちろん、親御さんも必ず着用しましょう。
釣り場によってはレンタルできるところもあります。

持ち物

必要なものやあると便利なものをまとめました。
釣り場所によってはレンタルできたり、物の持ち込みを禁止したりしている場合もあります。

持ち物理由
着替え一式濡れたり汚れたりしたときのため
長靴足場が濡れている場合に必要
タオル汗や濡れたところを拭くため
(中に氷や保冷剤を入れておく)飲み物や食事を入れるため
(中にスマホを入れておく)海や川に落ちた場合に通報するため
(竿や餌、仕掛けなど)釣具店で購入
ゴミ袋ゴミを入れて持ち帰るため

他にも、ウェットティッシュや虫よけスプレー、消毒液や絆創膏などがあれば便利です。
天候によっては、日焼け止めやレインコートなども準備しましょう。

釣り場のルールの確認・遵守

釣り場によってルールや持参物が異なるので、必ずチェックしましょう。

【よくあるルール】
・決められた場所で釣りをし、管理者の指示があれば必ず従うこと
・ゴミは必ず家まで持ち帰ること
・酒類は持ち込まないこと

また、行く前には、子どもとルールを守る約束もしてくださいね。

周辺にある病院の確認

釣りは楽しいことばかりではなく、怪我や事故などの危険性もあります。
首都圏といっても、県外や土地勘のない場所だと、いざというときに焦ってしまいます。

行きたい釣りスポットが決まったら、周辺の病院や受付時間、休日当番医などを調べておきましょう。

【首都圏】親子で楽しめる「海」の釣りスポット3選

それでは、首都圏にある海釣りのおすすめスポットを、3つご紹介します。

横浜フィッシングピアーズ 本牧海づり施設【神奈川県】

本牧海づり施設

出典元:横浜フィッシングピアーズ

横浜本牧ふ頭の先にある、東京湾を代表する海釣り施設です。
釣り場はなんと、延べ1400m。釣りポイントが多いことに加え、潮の流れが早いことから、魚がたくさん集まり、1年を通して非常に多くの種類の魚が釣れます!

また、親子での釣りを楽しむためのサービスも充実。子ども向け「フローティングベスト」の無料貸し出しや、「親子釣り教室」「初心者教室」、「お楽しみ企画」などを定期的に開催しています。

そのほか、施設内には、食品や釣り具の売店や釣り具レンタル店、立ち食いそばの食堂があり、手ぶらで行っても一日中遊べちゃいます。

もし釣りに飽きたらどうしよう...そんな場合でも大丈夫!
2階にある「展望休憩室」に行けば、横浜港に出入りするさまざまな船が見えるので、気分のリフレッシュにも最適。
ちなみに、晴れた日は東京湾を一望できますよ!

住所:神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1番地
最寄駅:横浜駅東口または桜木町駅(バス26系統「海づり桟橋行き」)
営業時間:月曜日〜日曜日 6時~19時(4月~10月)※時期によって異なる
(詳しい営業時間に関しては施設にお問い合わせください)

オリジナルメーカー海づり公園(市原市海づり施設)【千葉県】

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」