【4歳から】作る楽しみを感じる知育ゲームおすすめTOP5|想像力を育てよう!

目次 目次

4歳の子どもの成長の目安

まずは、4歳の子どもの成長の目安をチェックしていきましょう!その成長に合わせたおもちゃで遊ぶことで、さらに成長を促せます。

数字やひらがなに関心を持ち、語彙力が増える

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51c9yiEKbIL._AC_.jpg

4歳の子どもは、1〜10くらいまでの数字を理解できるようになったり、ひらがなが読めるようになってくる時期です。関心を持ち始めた時が、どんどんど覚えられる時期なので、知育ゲームからも数字や文字に触れさせてあげるようにしましょう。

まだまだ語彙もそれほど多くない時期ですが、しりとりなどのゲームで自然と色々な言葉に触れさせてあげることが、言葉を楽しみながら覚えるポイントです。

形や色を把握し、形を組み合わせて創造できる

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/616A4RPaeoL._AC_SL1418_.jpg

丸や三角と言った形や、赤や黄色などの色をしっかりと把握でき、そこから自分の発想力で様々なものに見立てる能力がついてきます。ものを作り出すことが好きなお子さんなら、自由な発想で楽しめるブロックなどで遊ぶことで、さらに想像力を養うことができるでしょう。

また、簡単なパズルなら組み立てられるようになってくるのも、4歳くらいの発達の特徴です。好きなイラストのパズルなどで楽しく学べるといいですね。

他の子どもに興味を持ち、お友だちと仲良くできる

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Xomdp-I1L._AC_SL1500_.jpg

言葉や記憶力が発達してくるため、同年代の子どもたちとのコミュニケーションが上手に取れるようになってきます。幼稚園などに通うようになり、社会性が身につきはじめる歳でもあるので、コミュニケーション力を伸ばせるおもちゃやゲームで遊ぶのがおすすめ。

家族や友だちと一緒に遊ぶことで、語彙力が身についたりお話が上手になることが期待できますよ。

4歳におすすめの知育ゲーム・おもちゃTOP5

ここからは、4歳におすすめの商品を5つご紹介してまいります!

5位:しりとりカードゲーム ワードバスケット

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61fVSg56f9L._AC_SL1340_.jpg

ひらがなが読めるようになった4歳のお子さんが、さらに言語力や語彙力を養うことができる、しりとりカードゲームです!

こちらのカードゲームは、子どもでも楽しめるように、可愛らしいイラストが入っています。遊び方はゲームの参加者には、それぞれ5枚の手札が配られ、バスケットに入れられたカードの文字で始まって、手札にある文字で終わる言葉を考えます。

思いついたらその言葉を言いながら、自分の手札をバスケットにイン!最初に手札がなくなった人が勝利です。どの手札を使うか考えたり、知っている語彙を思い出したり、他の参加者が言った言葉を覚えることで、さらに語彙が増えることが期待できますね◎

4位:空間パズル

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91r4IuH%2BqIL._AC_SL1500_.jpg

10種類のピースを使って、立体的な形を作り出すパズルです。例題に従って、どのピースを使えばその形が作れるのかを考え、実際に作り出すことができるかを考えることで、思考力や集中力が身につきます。

平面のパズルではなく、奥行きなども考えながら作らなくてはいけないので、空間認識力も養うことができますよ。ガイドブックには簡単なものから難しいものまで74例載っているので、その時々のレベルに合わせて長く遊ぶことができます。

3位:ナターン ファンラーニングシリーズ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81yv1W8W-WL._AC_SL1500_.jpg

こちらは2人で遊ぶ知育ゲームで、言葉で位置を上手に伝えるコミュニケーションゲームです。見本カードを持っている方が「話し手」となり、対話相手に、その見本カードに書かれている位置の情報を言葉で伝えます。

そして、「聞き手」の方は、その伝えられた情報をもとに、マグネットピースを背景シートに貼り付けるゲームです。コミュニケーションを取る上で、しっかりと伝わるように話すということ、伝えたいことを汲み取るように聞くことが大切になります。こちらのゲームで遊ぶと、その姿勢が自然と学べます。

2位:つながる知育トランプ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51c9yiEKbIL._AC_.jpg

こちらのトランプは、ババ抜きや七並べなど、一般的なトランプゲームができるだけでなく、他にも4つのゲームを楽しむことができる商品となっています。

可愛らしい動物や植物のイラストが描かれているため、絵を見て名前を覚える「名前覚えゲーム」、同じものが複数描かれたイラストの数を数える「数かぞえゲーム」、同じマークのカードを順番に並べて「絵合わせゲーム」など、それぞれの子どもの知識に合わせて、記憶力や想像力を養うことができますよ。

1位:バランスゲーム 椅子パズル

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NFCvSsx7L._AC_SL1000_.jpg

子どもの集中力や忍耐力を養い、指先の細かな作業をさせてあげることができる、バランスゲームです。

カラフルで可愛らしい椅子を崩れないように積み上げていくゲームで、1人でどこまで積み上げられるかスリルを楽しむこともできますし、家族や友だちとコミュニケーションを取りながら、倒した人が負け!というゲームとして楽しむこともできます。

色の認識力もアップしますし、どこに積んだら倒れないかを考えながら積むことで、思考力も高まることでしょう。

楽しく遊んで、成長を促そう!

こちらの記事では、4歳の子どもの成長を促すのにぴったりなゲームやおもちゃをご紹介しました。初めての集団生活に身を置く子どもが多く、コミュニケーション能力を養ったり、記憶力や想像力が身につき始める4歳。ぜひ、それらの力をさらに伸ばして、小学生以降の学習の基礎となるような学びをさせてあげてくださいね。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中