親子で楽しむ夏映画おすすめ8選

目次 目次

夏はやっぱり海!

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQ2MDMwNjEwNV5BMl5BanBnXkFtZTgwOTkxMzI0MzE@._V1_SY1000_CR0,0,691,1000_AL_.jpg

アイルランドの神話をモチーフにしたファンタジーアニメーション。
ハロウィンの日、灯台に父親と暮らす兄妹は祖母に連れられ町へと向かう。そこで妹がアザラシの妖精セルキーの末裔であり、石になった妖精を救う最後の希望だと知る。兄は妹と妖精を救うため、セルキーのコートを探す旅に出るが…。

絵本のような優しい絵柄でつづられる、お兄ちゃんの成長物語。海の描写も幻想的で神秘的です。
物語のキーとなるケルト民謡の旋律のような「海のうた」がまた素晴らしい。

オーシャンズ

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjIwZjU3ZjgtNGJhOC00Mzk3LTg3YTItOTFlYmQ2NjdlYWE3XkEyXkFqcGdeQXVyMjc1NTg2NTI@._V1_SY1000_CR0,0,674,1000_AL_.jpg

生き生きとした海洋生物たちの生態を活写する、驚異のドキュメンタリー。

美しい海の中で繰り広げられる生命の輪舞、厳しい弱肉強食の世界…中でもイルカと海鳥の大群がイワシの群れに襲い掛かる「サーディンラン」の映像は迫力満点。いうなれば食物連鎖の協奏曲。他にもクジラやシャチ、アザラシなどおなじみの海の生物も登場。生き物たちの知られざる一面に驚くとともに、その命が環境破壊によって危険にさらされていることに胸が痛みます。

今世界的に問題となっている海洋汚染について、お子さんと学ぶきっかけにしてもいいかもしれませんね。

イルカの日

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTY4NjQ4NTQ4Nl5BMl5BanBnXkFtZTYwMzczODM5._V1_.jpg

イルカを水槽で育て、言葉を覚えさせた研究者の夫婦。しかし話せるイルカがいると知った悪者が大統領暗殺に利用しようと暗躍します。陰謀を知った研究者はイルカを救出しようと試みますが…。

1973年と少し古い作品ですが、とにかく!しゃべるイルカがかわいい!!夫婦を「パー(パパ)」「マー(ママ)」と言って慕う様子に「あぁこんなイルカ、わたしも飼いたい!」と思ってしまいます。
けれども、現実はなんともビター。悪い人間がいる限り、ここまで高度な知能を持った生き物を飼いならすことは危険が伴うのかもしれません。(ちなみに、アメリカ軍は1960年代からダイバーの救出や機雷の捜索などを行うイルカの軍事利用を続けており、その是非について様々な意見があります)
善き人間とイルカがいつか共に暮らせる日を夢見て…。切ないラストに思わず涙の感動作です。

監督は『卒業』(主演:ダスティン・ホフマン)のマイク・ニコルズ。

大冒険へ出かけよう!

マーシャル博士の恐竜ランド

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOTAwODE0MTI2M15BMl5BanBnXkFtZTcwNDY0NDA4Mg@@._V1_.jpg

天才だけれどちょっと抜けてるマーシャル博士はタイムワープの研究者。人間の世界とは異なる次元の世界が存在する信じていたが、学会からは相手にされない。しかし、ついにタイムワープを完成させ未知なる世界へと大冒険に繰り出す!

コメディ俳優ウィル・フェレル主演(『レゴ・ムービーなど』)のおバカなノリの異世界コメディ。恐竜どころか類人猿にトカゲ人間まで飛び出す「恐竜ランド」に大爆笑。
元は1970年代に放送されていたテレビシリーズ。しかしながら、映画じたいはあまりヒットせず、ゴールデンラズベリー賞にもノミネートされるという不名誉も(面白いのに、おかしいなぁ…)。

頭を空っぽにして観て欲しい、お気楽なコメディですよ!

ザスーラ

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMDc1NzM1OTgtOGYxMS00ZWE1LWEzZWMtNWEyOTI2NDJjOTU2XkEyXkFqcGdeQXVyNjQzNzA2NjM@._V1_SY1000_CR0,0,666,1000_AL_.jpg

けんかの絶えない兄弟が見つけたボードゲーム「ザスーラ」。初めてみると、なんと隕石が降り注いできた!しかも家が宇宙に浮かんでるだと~!?そのボードゲームは、書かれたことが現実に起きる危険なゲームだったのだ!兄弟とその姉は、協力してゲームをあがり、無事地球に帰ることができるのか!

あらすじでお察しの通り、原作は『ジュマンジ』と同じオールズバーグの絵本。あちらはジャングルがモチーフでしたが、今度のゲームは宇宙が舞台。流星群に宇宙人、数々の危機を兄弟が力を合わせて乗り越えます!

監督は『アイアンマン』や実写版『ジャングル・ブック』などのジョン・ファブロー。大人も子どももワクワク楽しめる一作です!。

ヒックとドラゴン

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYzY1ZTAwMGItMGNlNS00ZTc3LWJlZjEtMDQ1YTI1NWI1NmJmXkEyXkFqcGdeQXVyMTA3MzQ4MTcw._V1_SY1000_CR0,0,730,1000_AL_.jpg

ドラゴンと闘うバイキングの少年ヒックが出会ったのは、怪我をしたドラゴン「トゥース」。ヒックはトゥースと種族を超えた交流を深めていく。やがて二人の絆は、それぞれの種族の未来を大きく変えることなるのだった…!

とにかく、まるで本当にドラゴンに乗っているかのような飛行感がたまらない!
ヒックの相棒となるトゥース(原作ではトゥースレス)の小動物のような動きもかわいらしい。異種間交流と王道ファンタジーを組み合わせたドリームワークス製作の傑作です。

昨年三作目が公開されたばかり(セル&レンタル中)。 三部作合わせて是非どうぞ!

夏公開の新作映画

今年春に公開の予定だった大作二作品がこの夏ついに公開!

映画ドラえもん のび太の新恐竜

のび太が見つけた卵から孵ったのは、双子の羽毛恐竜。キューとミューと名付けた二匹を元の時代に返そうと、タイムマシンで恐竜のいた白亜紀に向かうが…。

ドラえもん映画で「恐竜」は原点回帰の大切なモチーフ。きっと50周年記念にふさわしい新作となっていることでしょう。
最新研究によって判明した恐竜の生態を意識して作られているという点もポイント!Mr.childrenによるエモーショナルな主題歌にも注目です。

今回は、ドラえもんやのび太たちをどんな冒険が待ち受けているのでしょうか…!?

2分の1の魔法

ディズニー・ピクサーによる最新作。魔法が失われつつある世界で、亡くなった父親を取り戻そうとする兄弟の冒険が描かれるファンタジーです。
予告編だけでもうピクサークオリティの上質なアニメーションに期待が高まります。

俳優の志尊淳と城田優が主人公の兄弟の吹替を担当。
映画館で、魔法の大冒険に出かけよう!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!