自宅で和菓子作り!体験型絵本「さわってつくってたべる絵本」を5歳と一緒に親子で体験してみた!

目次 目次

美味しくて新しい!テレビやメディアで話題の体験型絵本「さわってつくってたべる絵本」とは?

https://base-ec2.akamaized.net/images/user/template/tabehon-official-ec/image-TopMvSP_5ea55b35196d1.jpg

「さわってつくってたべる絵本」は絵本を読みながら、お話の中に登場する和菓子を実際に作って食べられる、新しい体験型絵本です!

体験型絵本といえば、今までは紙工作やぬり絵、おもちゃとセットなどが定番でしたが、この絵本は、なんと実際に食材が付いてきちゃいます。

日本の伝統文化を家にいながら楽しく体感できる、今までにない新しい食育絵本として「ミヤネ屋」「おはよう日本」などのテレビ番組を始め新聞などでも取り上げられている、今注目の商品なんです。

テーマは「和菓子」

普段、和菓子を食べる機会といえばスーパーでみたらし団子を子供にせがまれて買うくらい…という筆者。
今回こちらの「さわってつくってたべる絵本」を使って、5歳の息子と一緒にはじめての和菓子作り体験してみました!

作り方は?どんな和菓子が作れるの?道具は必要なの?
ステイホーム中、せっかくなら美味しいお菓子を子どもと楽しく食べたい!という方にピッタリの「さわってつくってたべる絵本」を、実際に遊んだ写真を交えながら今回レポートしていきます!

画像付きで解説!実際に届いた「さわってつくってたべる絵本」がこちら!

早速届いた可愛らしいピンクの箱を開けてみると…じゃーん!

絵本とねりきりセット、そして練りきりの監修をされている、大徳屋長久さんからのお手紙が入っていました。

「さわってつくってたべる絵本」についてくるねりきりの材料は、三重県鈴鹿市で創業300年の歴史を誇る老舗和菓子店「小原木本舗 大徳屋長久」さんのもの。

老舗和菓子店の味、しかも普段なかなか食べる機会がないねりきり、この時点で母(筆者)と子どものテンションアップ!

子どもも見たことのないお菓子に大盛り上がりで

「これがあんこ?黒くない!」
「何を作るの?」

と興味津々です。

保存料不使用の体に優しいあんこ、賞味期限は約1カ月

原材料名をみてもわかる通り、保存料不使用!
注意事項にも書いてありますが、基本的にあんこは冷凍保存になります。

こちらのセットが我が家に届いたのがちょうど6月5日でした。
賞味期限は一ヵ月のようです。

息子の「これ食べていい!?」の声を制止しつつ、まずは絵本の読み聞かせ。

対象年齢が2歳以上ということもあり、文字は大きく全てひらがなで書かれています。

あらすじは 、わがままで美しいものが大好きなお姫様の

「ももいろであまくてうつくしいものがたべたいのじゃ!」

という願いを叶えるため、御膳番(料理を運ぶ人たち)が様々な食べ物を作る…というもの。

最初は「いちご大福」「お団子」など、おなじみの食べ物が出てきますが、次第に御膳番たちのレパートリーも尽きてしまい…?

5歳の息子は、次々に出てくるありえない料理のアイデアに大笑い!
「そんなのたべれないでしょー!」と突っ込みながら楽しく絵本を読んでいました。

付属の絵本は、日本文化に楽しく触れられるレシピブック

読み進めていくと、ねりきりの作り方のページが出てきます。

作れるねりきりは全5種類。
今回我が家はねりきり2個入りセットの絵本なので、どれか2つを選んで作ることに。

難易度別に
・葉っぱ(難しさ★)
・さくら(難しさ★★)
・あやめ(難しさ★★★)
・菊(難しさ★★★★)
・薔薇(難しさ★★★★★)

となっています。

全て絵本の中に写真付きで手順が乗っているので安心!
また、「実際に作っているところが見たい!」という方は、YouTubeに作り方の動画が乗っているので、それを見ながら作るのもお勧めです。

いよいよ本格和菓子作りを初体験!さわってつくってたべてみよう!

絵本に書いてあるレシピのなかから、作りたい形を選んだら、体験スタート!

ねりきり作りに必要な材料(つまようじなど)は全てセットで入っているのですぐに取り掛かることが出来ました。

息子が最初に選んだのは、難易度が一番優しい「葉っぱ」の練りきり。

「粘土より柔らかくて可愛い」「混ぜた色がキレイ!」と触ってみて気づいたこと言いつつ、黙々と作る息子。

本に書いてある手順通りにあんこを伸ばしたり曲げたりしていきます。
流石に一番易しいだけあって、つまづくこともなく完成!

待ちきれずにそのまま「あーん!」と一口で食べようとする息子を制して、和菓子らしく黒文字(和菓子用のつまようじ)で食べるよう指導。

「おいしーい!!!あまーい!!!」と、絵本のお姫様のように絶賛していました。

続けてもう一個作る!というので、今度は難易度★★★のあやめに挑戦。
あんこをくるっと巻くだけだった葉っぱと違い、今度はあんこを包む作業が必要です。無事にできるのでしょうか・・・!

見た目は…という感じですが、なんとか完成!
絵本に書いてある通りにきれいにあんこを包むのはとっても難しい、と身をもって知ったようです。

練りきりは追加で個別購入が可能!毎月入れ替わる季節の練りきりが可愛い!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!