どこ見てもかわいい!絶賛開催中「シルバニアファミリー展」をレポート

目次 目次

新宿小田急11Fに広がるかわいい世界

会場 入り口

© EPOCH

アソビフル編集部が訪れたのは開催初日の12月26日、OPEN直後の10時30分頃。
平日午前中にも関わらず、会場の入り口にはシルバニアファミリーファンで長蛇の列。

会場内の様子

© EPOCH

今回はシルバニアファミリー史上最大規模の展示ということで、1,000点以上のアイテムがズラリ!
見渡す限りかわいい、かわいい。かわいい!

1985年の発売開始からの歴史を辿りつつの展示となっており、人形の表情や素材の違い、期間限定で作られたファミリーなどいろいろな角度から楽しむことができる。

© EPOCH

ほかにも文化服装学院や武蔵野美術大学、日本ドールハウス協会から篠原ともえまで、いろいろなコラボレーション企画の展示も行っており見どころ満載なのだが、なんといっても一番の見どころは、2.7m×2.7mの大型ジオラマ!

© EPOCH

あえて細部の写真は掲載しないので、ぜひとも現物を肉眼で確認してほしい。
これぞシルバニアファミリークオリティー!圧巻の一言である。

© EPOCH

会場出口には、ショコラウサギファミリーと写真が撮れるスポットが。

また、シルバニアファミリー熱が高まったお子さま向けに、その場で遊べるおもちゃが用意してあったり、すぐ塗り絵ができる場所も設置されている。

© EPOCH

「シルバニアファミリー展」は2020年1月6日まで開催。
子ども大人も、"かわいい"を存分に浴びに訪れていただきたい。



※会場内オールエリアでの写真撮影が可能なのは木曜日・金曜日のみなのでお気を付けください。

開催概要の詳細記事はこちら

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」