【YouTubeで観る!】面白い個性的《自主制作アニメ》おすすめ5選

目次 目次

⑤恋するネズミ

監督は、「BoNES」と同じひだかしんさく氏。

チーズしか食べない“チーズどろぼう”のネズミが、盗んだチーズに恋するお話。

ある日警察に追われて怪我をし、とあるできそこないの牛に匿われたものの指名手配になっているため身動きが取れなくなります。
そうしているうちにおなかが空いてきますが、手元にあるのは恋したチーズだけ。

愛する彼女を食べないよう必死に耐えますが、あまりの空腹と、チーズの
「食べていいのよ。わたしは、食べられるためにうまれてきたんだから」
という言葉に、がまんできなくなり……。

このお話のセリフは英語になっており、漢字を含む字幕作品です。
視聴できるのは高学年くらいからになると思いますが、13分程度の作品なので「字幕映画は長過ぎて無理!」という子もトライすることができるでしょう。

BGMがなく淡々と進んでいきますが、見入ってしまう作品です。

まとめ

自主制作アニメでは、どこにも属さないアーティストたちの個性がそのまま反映され、それぞれの監督の魅力がたっぷりと感じられます。
シンプルなものが多く、観るひとの感性によって受け取り方が変わる点も面白いといえるでしょう。

YouTubeには、たくさんの自主制作作品がアップされています。親子で発掘するのも楽しそうですね!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ