【家族で楽しめる!】子どもたちが大活躍する傑作映画5選!

目次 目次

1.『ホーム・アローン』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51L8SPIY8iL._AC_.jpg

『ホーム・アローン』は1990年に制作されたコメディ映画。

シカゴの裕福な家に住むケビンはあるクリスマスの日家族とともにパリへの旅行をする予定だったが、ちょっとしたトラブルから1人家に取り残されてしまう。
1人での滞在を満喫していたケビンだったが、彼の家を狙うドロボウたちがいて・・・?

かわいらしい少年が家を守ろうと奮闘する本作は大ヒットし、第5作まで制作されました。

本作で主人公を演じたマコーレー・カルキンは当時10歳でしたが、この作品をきっかけに大ブレイク!
続編の『ホーム・アローン2』や『マイ・ガール』などさまざまな作品に出演しました。

『ホーム・アローン』は

2.『グーニーズ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513D0V2MS9L._AC_.jpg

『グーニーズ』は1985年に公開された冒険アクション映画。

アメリカ・オレゴン州のグーンドックという田舎町に住む冒険を夢見る少年・マイキー、その友人のマウス、チャンク、データは「グーニーズ」(まぬけ)と呼ばれる4人組。
そんな彼らは、マイキーの家の屋根裏で伝説の大海賊「片目のウィリー」の遺した宝の在処を記した地図を発見して・・・?

冴えない少年たちが決死の大冒険をする本作は、子どもの頃に感じたワクワクやドキドキの気持ちを思い出させられ、暖かく懐かしい気持ちにさせてくれる作品です。
お子さんと一緒に見ることで、パパ・ママからの視点、お子さんならではの視点を比べることができ、より楽しめるのではないでしょうか?
製作総指揮にはあのスティーヴン・スピルバーグも参加していて、スピルバーグならではの世界観も同時に楽しめそうですね!

3.『SUPER8/スーパーエイト』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71-GpRk7KNL._AC_SL1488_.jpg

『SUPER8/スーパーエイト』h2011年に公開されたSF映画。

1979年のオハイオ州に住むジョーは母親を事故で亡くしてしまう。
父親ともあまりうまく接することができないジョーはある日、友人たちと一緒にゾンビ映画を制作することとなり撮影を始めるが、撮影中にさまざまな事故が起こってしまい・・・?

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』などのスターウォーズシリーズも手掛けたJ・J・エイブラムスが制作して話題となった本作は、制作にスティーヴン・スピルバーグも参加。彼らだからこそ表現できるSFの世界観を存分に楽しむことができます。

出演する子どもたちはとても可愛らしく親しみやすいので、お子さんたちも一緒に冒険している気分になれること間違いなし!
家族で楽しめるSF超大作です。

4.『ミクロキッズ 』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41X1TNMHGKL._AC_.jpg

『ミクロキッズ』1989年に制作されたSFアドベンチャー映画。

科学者のウェインはミクロマシンを製作しようと奮闘していたが、その研究は失敗続き。
そんなある日、たまたま起こったアクシデントでミクロマシンは暴走し、ウェインの子どもであるニックとエミーと近所の子どもたちがミクロサイズに小さくなってしまった!果たして子どもたちは無事に元の姿に戻れるのか??

本作は大ヒットし第3作まで制作されました。
本作がモチーフの『ミクロアドベンチャー!』は東京ディズニーランのアトラクションであったことも有名ですね。

5.『ヒューゴの不思議な発明』

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ