PR提供:(株)ジョイパレット

本物みたい!大きくて迫力がある「アンパンマンの回転ずしセット」で遊んでみた

目次 目次

ワクワクいっぱい!回転ずし屋さんがオモチャになって新登場!

回転ずしを一度経験すると、「楽しい」という印象が残るからでしょうか?
「また行きたい!」とお子様に催促されるご家庭も多いと思います。
我が家も同じです。

レーンの上に乗って、次から次へと回ってくるお寿司やデザートは、子どもにとっては、まるでテーマパークにいるようなワクワクいっぱいの空間だからでしょう。

そんな子どもたちを魅了する「回転ずし」が、大人気のキャラクター「アンパンマン」と一緒になって新登場。

おす~しいっぱい!アンパンマンDX回転ずしセット

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

「なんじゃこりゃあ!」と大興奮

今回は、「まだ見ちゃだめだよ。まだだよ~。」と手で目を覆ってもらい、息子の目の前にそっと箱を置いて、「どうぞ~!」と、サプライズ演出してみました。

おすしい~っぱい!アンパンマンDX回転ずしセット

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

目を開けた息子は、外箱の大きさにまず目を丸くし、「なんじゃこりゃあ!」と叫びました。さらに、パッケージのデザインを目にして「なんじゃこりゃあ!どうなっているの?開けていいの?」と大興奮!

ちなみに、「なんじゃこりゃあ!」と言う言葉は、この時初めて聞きました。(笑)
目の前の大きな箱と魅力あふれるパッケージに、興奮した思いがそのまま言葉となって表れたのだと思います。

「お寿司~お寿司~♪」とルンルンな息子と一緒に、早速組み立てました。

それでは、早速遊んでみましょう!

大迫力!「おすしい~っぱい!アンパンマンDX回転ずしセット」

大迫力の長いレーンを、お寿司がくるくる!
子どもの興味を惹きつけ、楽しい仕掛けがいっぱい詰まったデラックスセットです。

飽きずに繰り返し遊びたくなる、魅力満載の仕掛けをご紹介していきましょう!

おすしい~っぱい!アンパンマンDX回転ずしセット

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

①メインスイッチをONにすると、「いらっしゃいませ!ぼくアンパンマンです!」と、アンパンマンの声が流れます。

②くるくる回る長いレーンの前に、4つのボタンがあります。子どもは、ボタンを押すのが好きですよね。バリエーション豊かな仕掛けに夢中になること間違いなしです。
◆回転ボタン…「くるくる回るよ」というおしゃべりと共に、アンパンマンのマーチが流れて長いレーンが作動し、お寿司がくるくると回り始めます。
◆お茶ボタン…お茶を入れる音が流れて、「あちち!気をつけろよ!」と、ばいきんまんがおしゃべりします。
◆注文ボタン…アンパンマンがおしゃべりした後に、様々な注文をするばいきんまんのセリフが、ランダムに流れます。
◆おしゃべりボタン…アンパンマンとばいきんまんが楽しくおしゃべりします。

③キャラクターがデザインされたお寿司とサイドメニューは、たまごやいくら、プリンやジュースなど大満足の11種類!子どもたちが好きなものばかりです。

おすし&サイドメニュー

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

④お寿司のネタとシャリは面ファスナーで付くようになっているので、お寿司を握るマネをして、板前さん気分を味わうことができます。

おすしをにぎろう!

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

⑤迫力ある長いレーンでは、お皿12枚にお寿司やサイドメニューを乗せることができます。アンパンマンごうに乗せて、特別感を楽しむことも。本当の回転ずし屋さんのように、次から次へとスムーズにお寿司が流れてくるので、ワクワクが止まりません。

おとどけ!アンパンマンごう

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

「おすしい~っぱい!アンパンマンDX回転ずしセット」で遊んでみた感想は?

4歳になる息子と実際に遊んでみて、どのような遊び方をしていたか、どのように感じたかをまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

①ごっこ遊びが盛り上がる

お寿司のシャリとネタが、面ファスナーで取り外し可能になっているので、得意げに握ってくれます。

「今日のおすすめ、今作りますねー!」
「はい、どうぞ!次は何にしますか?」
など、板前さんになりきってたくさんサービスしてくれました。

お寿司は、2本の指を使って握るということも、パッケージの写真を見て自然と分かったようです。

板前さんになりきって遊ぶ

また、お茶ボタンを押すと「コポコポ♪」という音が出るのが面白いようで、繰り返しお茶を入れて楽しんでいます。
実際の回転ずし屋さんでは、熱いお湯が出てきて危ないため、触らせないようにしているからかもしれません。本当はやりたくてたまらなかったのでしょうね。

お客さん役の私に、何杯も繰り返しお茶を運んでくれます。

お茶コーナー

②家族みんなで楽しめる

大きくて長いレーンがくるくると回っているので、家族みんなでオモチャを囲んで遊ぶことができます。
店員さん役、板前さん役、お客さん役など、360度どこからでも遊びに参加できる魅力的な作りになっているのも嬉しい!
思わず、本物のお寿司をのせて回してみたくなってしまうほどです。

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

③一人遊びも十分に楽しめる

きょうだいや親子でのごっこ遊びはもちろんのこと、夢中になれる仕掛けが満載なので、一人遊びも飽きずに楽しむことができます。

回転ボタンを押すと、アンパンマンのマーチが流れるので気分も盛り上がりますし、注文ボタンを押すと、ばいきんまんが様々な注文をしてくれるので、板前さんになりきって遊ぶこともできます。

注文してくれた声がばいきんまんだったからでしょうか?一人遊びをしている息子をふと見ると、お茶コーナーに付いているばいきんまんにお寿司を食べさせていました。

一人遊びに夢中

④知育玩具としてもおすすめ!

「いくら、たまご、えびをください!」
「いくら、えび、たまご、まぐろ、あと、りんごジュースもください!」
などど、どんどん注文を増やすと、「覚えよう」という意識から集中して聞こうとする姿勢になっていたように感じました。
また、お客さんには「綺麗に並べてあげよう」という意識が働いたり、丁寧な言葉遣いになったりなど、おもてなしの心を育めそうな場面も。

ごっこ遊びを通して語彙を豊かにし、記憶力や集中力を高めるなど、知育教材としてもおすすめできるとても魅力的な玩具です。

⑤低い姿勢でじっと見つめる

くるくると回るレーンがどのように動いているのかが気になるようで、低い姿勢になってジーッと見つめていました。男の子はレールや機械に興味があるからでしょうか?

長いレーンをじっと見つめる

⑥たくさんの種類のかわいいおすしがいっぱい!

カレーパンマンになっている「いなりずし」や、アンパンマンの「太巻き」など、どれもおすしの見た目がかわいくて、キャラ弁の参考になりますね。
お弁当を開けた瞬間の喜ぶ顔が目に浮かぶので、このおもちゃを参考に今度作ってみたいと思います。

可愛いお寿司

お寿司が食べたくなる

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」