【四ツ谷】「東京おもちゃ美術館」に行こう!赤ちゃんから大人まで楽しめるおすすめスポット

目次 目次

「東京おもちゃ美術館」どんな施設?

http://goodtoy.org/ttm/guide/floor.html

東京おもちゃ美術館とは、その名の通りたくさんのおもちゃを展示している、そしてそれらのおもちゃで遊べる美術館です。

もともと、小学校の校舎だったものの一部を利用している美術館。そのため、大人は懐かしさを感じ、入るだけでもワクワクしてしまうかも!

”一口館長制度”というお金の寄付と、”おもちゃ学芸員”というボランティアスタッフによって成り立っているのも特徴。

木の温かさを感じられるおもちゃから、おもちゃコンサルトが選んだ「グッド・トイ」、世界から集められたボードゲームなどが部屋ごとに分かれて展示されています。
どのおもちゃも手に取って遊ぶことも可能!0歳の赤ちゃんから大人まで遊べるおもちゃが豊富に展示されているので、1日中遊べる施設でもあります。


ちなみに、館内での飲食は禁止なので、ご注意くださいね。
(水もしくはお茶のみ、廊下のベンチでOK)

人とおもちゃの架け橋となるおもちゃ学芸員

http://goodtoy.org/ttm/about/gakugeiin.html

東京おもちゃ美術館には、さまざまなおもちゃが展示されています。しかし、説明書がないおもちゃが置かれていても、正しい遊び方がわからないかもしれません。

そこで活躍するのが、”おもちゃ学芸員”というボランティアスタッフです。おもちゃの遊び方を教えてくれるだけでなく、子どもと一緒に遊んでくれるんですよ!

総ひのきの床が心地良い「おもちゃのもり」へ

http://goodtoy.org/ttm/about/gakugeiin.html

日本各地の職人が作ったたくさんの木のおもちゃが展示されている「おもちゃのもり」。

鳥かごをイメージして作られたセンターハウスには階段があり、2階まで登っていくことも可能。囲まれた場所が好きな習性のある子どもたちは、おおはしゃぎしてくれることでしょう!

なんだかほっこり♡大人も癒される遊びの場

ほかにも、大きなそろばんや木の人形で遊べるどーるはうすなどがあります。

2階部分は照明を外から当てているので、木漏れ日の中にいる様な感覚が味わえ、遊びを見守る大人にとっても癒しの空間!

http://goodtoy.org/ttm/guide/img/floor/floor_04_goodtoy_03.jpg

http://goodtoy.org/ttm/about/gakugeiin.html

0歳から2歳は「赤ちゃん木育ひろば」へ

0歳から2歳の子どもとその家族しか入ることができない部屋が「赤ちゃん木育ひろば」です。小さな子どもでも安心して遊べる木のおもちゃがたくさんあります。

年齢制限があるため、赤ちゃんでも安心して過ごせますよ。たくさんある木のおもちゃで、自由に遊んでみてくださいね!

木のおもちゃでごっこ遊びも楽しもう!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ