紙コップを使って子どもと一緒に作れるおもちゃ|安全なハサミも一緒に紹介

目次 目次

外でも家でも楽しく遊べる!紙コップトンボ

〈材料〉
・紙コップ 2個
・竹串もしくは割り箸 1本
・セロテープ
・お好みでマーカー、色鉛筆など

①紙コップの飛ばす方をA、土台の方をBとして、Aの飲み口側から底までのうち、2/3を8等分にまっす
ぐハサミで切ります。

②切った部分をやや斜めになるように折り曲げます。
曲げる方向はやや右寄りに斜めになるように折り曲げます。
これでAは完成です。

③Bを底から半分ぐらいの高さで2つに切り、底の真ん中に竹串か割り箸が刺さるぐらいの穴をあけ、
そこに先端を刺してテープでしっかり固定します。
そのあと、指した棒の飛び出した部分を切って完成です。

遊び方はAをBの上に重ねて、竹とんぼの要領で回すだけ。
Aがくるくる回ってきれいに飛んでいくので、楽しいでしょう!
紙コップでできているので家でも中でもどちらでも遊べるのは嬉しいですね!

なおこの工作で割り箸を使う場合、手で回すので四角のものより丸いものの方が遊びやすくできます。

ゴムの力で動き出す!紙コップロボ

〈材料〉
・紙コップ 1個
・輪ゴム 1本
・いらない乾電池(単3がおすすめ) 1本
・ビニールテープ

〈作り方〉
①紙コップの飲み口側を、飲み口から1㎝あたりの部分まで切れ込みを2か所ずつ(対局の位置で)入れ
ます。

②乾電池を輪ゴムの真ん中あたりでテープで留め、先ほどの切れ込みに輪ゴムをひっかけます。

③紙コップの切れ込みを外側に折ってテープで留めれば完成です。
中の乾電池をぐるぐる回せば、プルバックのおもちゃのようにとことこと動き出します。
まく回数で動く距離が変わったり、乾電池の代わりにスーパーボールを使うと動きが変わったりするち
ょっと変わったおもちゃです。

ゴムの動力の話なので自由研究のネタにももってこいですね!

まとめ

子どもにも安心して使えるハサミと紙コップで簡単に作れる自作オモチャを2選紹介しましたがいかがでしたか。

自分で作ることにより、ただ楽しく遊ぶだけでなく達成感を得ることで自信に繋がっていきます。自信に繋がれば、次のことを挑戦しようとする力が付きます。その為、大きくなった時に困難に当たっても様々な工夫で乗り越えられる子になることは間違いありません。

オモチャを買うのもいいですが、これを参考にして一度一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ