【新潟・群馬・岐阜】夏休みにおすすめ《無印良品のキャンプ場》がアツい!

目次 目次

無印良品キャンプ場ってどんなところ?

無印良品といえば日用品や雑貨を販売しているイメージですが、キャンプ場はなんと1995年からオープンしています。

無印良品キャンプ場があるのは、
・津南キャンプ場(新潟県中魚沼郡)
・南乗鞍キャンプ場(岐阜県高山市)
・カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県吾妻郡)
の3ヶ所。どのキャンプ場も自然の地形をいかした作りとなっていて、魅力がそれぞれ異なります。

南乗鞍キャンプ場は標高1600mの高原、カンパーニャ嬬恋キャンプ場は開けた土地が特徴。都心からはカンパーニャ嬬恋キャンプ場が一番近いですが、3か所全てでキャンプを楽しんでいる人も多いんですよ。

初心者さんは手ぶらでOK!レンタルセットが充実

https://www.muji.net/camp/minaminorikura/rental/beginner/

キャンプの経験がない方やインドア派の方にとっては、キャンプを始めてみたくても「道具を買いそろえるのが大変!」「何を買ったらいいのか分からない」という不安がありますよね。
無印良品キャンプ場は、初心者さんでも安心なレンタルセットが充実しています。

ベーシックセットは4人用のテント・タープ・椅子やテーブルに加えて、食事に必要な調理器具や食器・シュラフ(寝袋)もセットになっています。セット内容は、使いやすくて人気の高いものを無印良品が厳選。

キャンプ中級者以上の人に選ばれているものが多いので信頼度が高く、初めてキャンプをする人でも安心して楽しめますよ。

広くて個性的なキャンプサイト

https://www.muji.net/camp/minaminorikura/blog/2015/06/27.html

無印良品のキャンプサイトは、地形をいかした作りになっています。大きさも形も、2つとして同じサイトが存在しないところも魅力のひとつ。
それでも広さと数はじゅうぶんにあり、隣のサイトとは草木でさえぎられているのでプライバシーも自然と守られているのが嬉しいですね。

初心者さんには平坦でオープンなサイトがおすすめですが、景色の良い人気サイトやプライベート感満載のサイトもあるので、お好みで選んでみてください。ペットOKのサイトもあるので、ワンちゃんとキャンプを楽しみたい人も参加できますよ。

1つのキャンプ場でもサイトを変えればまた違った雰囲気が味わえます。
「次はここのサイトを予約しよう」と思えるほど、何度来ても飽きない楽しさがあるのが無印良品キャンプ場の魅力なんです。

買い足しもOK!充実した品揃えのセンターハウス

https://www.muji.net/camp/tsunan/map/center/

フロントも兼ねているセンターハウスは、キャンプグッズや無印良品グッズ・食材が購入できるようになっています。キャンプに使うものは一通りそろっているので、万が一忘れ物や買い足しがあってもこちらで購入できますよ。

さらにコインランドリーも完備!キャンプ中に服が汚れてしまってもすぐに洗え、至れり尽くせりといったところ。もちろん連泊したい人にもおすすめです。

ハウス内には400冊ものアウトドア関連の図書を揃えたライブラリーもあり、初心者さんでも満足できる設備と品揃えが充実しています。

自然を満喫できるアウトドア教室が豊富

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ