【小学生向け】自由研究に!学習教材アーテック社の工作・実験キット おすすめ7選

目次 目次

「アーテック社」の教材の魅力

見ているだけでワクワクするアイデア!

カラフルな色使いはもちろん、見ているだけでワクワクしてくるアイデアがミソ!
子どもが「楽しそう!」「作ってみたい!」と思えるテーマが満載です。

教材で学習するには、まずは子ども達に興味を持ってもらうことが大前提です。
絵を描く・組み立てて動かす・ラジコン風の車を走らせるなど、おもちゃで遊んでいるような感覚で学べるようになっていますよ。

授業に合わせた体験・実験

低学年なら虫の観察、中学年なら植物の成長、高学年なら電気など、学年ごとの授業内容に合わせてテーマが設定されています。理科だけでなく図工や算数など、さまざまな教科に役立ちますよ。

絵を描く・ハサミで切るといった指先を使う作業はもちろん、中学年以上になると観察や配線も。年齢が上がるほど市販の知育玩具のレパートリーは少なくなってきますが、教材キットは遊んで学べるおもちゃとしてもおすすめです。

また、事情により学校に行けない子どものために教材を通販しているショップもあります。全ての子どもが楽しく学べる機会を、ぜひ活用したいですね。

安全性バッチリ!

子ども向けに作られているので、安全対策は万全。説明書・作り方・構造など、安全性もレベルも学年に合わせて取り組めます。

中学年以上の教材では部品が細かく複雑になりますが、子どもが考えながら作れるデザインになっています。

①【低学年】まる見えダブル観察器

https://item.rakuten.co.jp/officeland/8331145/

組み立ては必要なし!中に入れた虫を、多方向から観察できるアイテムです。

手持ちの紐を取り付けたら、首から下げて持ち運ぶことも可能。虫かごに張り付いて観察する必要なく、移動しながらずっと一緒にいられるから、大切な瞬間を見逃しません。

「まるみえダブル観察器」という名前の秘密は青色部分にあり!丸いレンズを覗くと、内部に取り付けられた鏡に虫のお腹がうつるしくみです。
横・上・下から虫の姿を観察できるようになっています。

青色のフタはレンズ部分にも上にも取り付け可能。虫をつかまえたら上に付けて、使わないときはレンズを保護するフタに使える2way仕様です。覗いて見られるワクワク感が味わえます。

虫だけでなく、植物を観察しても楽しめますよ。

②【低学年】おえかきロケット

https://item.rakuten.co.jp/officeland/8330944/

軽くて安全なビニール製のロケットです。羽や本体に油性ペンで絵を描いて遊べます。

絵を描いたら羽とキャップを取り付けて、ストローで空気を入れたらもう完成!直径14cm・長さ45cmの巨大ロケットに変身しますよ。

ビニール製で、室内でも遊べるのが嬉しいポイント。低学年向けと紹介していますが、年齢性別を問わず遊びたい商品ですよね。

シールを貼ってデコレーションを楽しんだり、遠くまで飛ばすのを競ったりしてみましょう!

③【低学年】ステンドうちわ(光を通して)

https://item.rakuten.co.jp/officeland/8329560/

透明なうちわに粘着性のあるセロハンを貼り付けて作ります。手先を使うのはもちろん、色彩感覚も身に付くアイテム。とくに光のふしぎを学ぶ2年生以降におすすめのテーマです。

晴れた日の屋外で、うちわを手や白い紙に近づけてみてください。光を通したセロハンの色がきれいにうつし出されますよ。

クリアな素材なので、セロハンがよりきれいに見えます。自作のうちわで暑い夏を涼しくしてみてはいかがでしょうか。

④【中・高学年】植物の生きる力実験キット

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」