キラメイピンク・工藤美桜がかわいい|ライダーの妹から戦隊のお姉さんに!

目次 目次

頼れるお姉さん、大治小夜(キラメイピンク)役の工藤美桜さん

2020年3月から放映されている「魔進戦隊キラメイジャー」で、キラメイピンクに変身する大治小夜(おおはる・さよ)さんを演じているのが工藤美桜(くどう・みお)さんです。

工藤さん本人は20歳ですが、小夜さんはキラメイジャー初期メンバーの中では2番目に年長の23歳という設定で、キラメイブルー・押切時雨(おしきり・しぐる)さんと一緒に年長組で、頼れるお姉さんという扱いになっています。

従来の戦隊ヒーロー物だとピンクは女の子らしいイメージがありますが、小夜さんは本職が医師で、合気道の技を使って戦うという、強い女性としてキャラクターが設定されています。

キラメイピンク・大治小夜

出典元:https://www.tv-asahi.co.jp/

小夜さんの意外な一面と工藤さんの演技が話題に

そんな強い女性の小夜さんですが、ある時敵との戦闘で頭を打ってしまい、5歳以降の記憶を失ってしまいます。
5歳の小夜さんは意外にもとても泣き虫で、怖がって変身ができなくなってしまいました。
その後、仲間のピンチに直面し、元々は泣き虫だった自分が強くなったきっかけを思い出して無事変身。記憶ももう一度頭を打った衝撃で完全に戻って解決しましたが、その時の5歳児小夜さんの演技がとても可愛いと話題になりました。

精神が5歳に戻ってしまい泣く小夜さん

出典元:https://www.tv-asahi.co.jp/

小学生の時からモデルをしていた工藤美桜さん

さて、そんな工藤美桜さんのプロフィールを確認してみました。

サイズ: T165cm /S 23.5cm
生年月日: 1999年 10月 08日
出身地:東京都
血液型:A型
趣味: 音楽鑑賞,ドラム
特技: 日本舞踊

出典元:https://talent.platinumproduction.jp/kudomio

2020年6月現在、20歳です。

小学校4年生の頃から芸能活動を始め、2012年8月までは「藤谷まな」という芸名だったことが本人のブログ記事によりわかっています。
2020年現在、当時の記事は削除されていますが、今も続けているブログのアドレスが
https://ameblo.jp/mana-cci/
であることから、旧芸名がわかります。

2017年4月から「めざましテレビ」の「イマドキガール」をしていたので、そう言えば見たことがある、という方は多いかもしれませんね。

モデル業の方もコンスタントに行っており、青年誌のグラビアを飾ることも。
透明感があって、白い服がとても似合っていますね。

女優としての初レギュラー作は「仮面ライダーゴースト」

女優としては、2015年、16歳の時に「仮面ライダーゴースト」で初めて主要キャラクターを演じました。
2号ライダー「仮面ライダースペクター」深海マコトの妹、深海カノン役です。

初登場時、10年前に眼魔眼魂(ガンマアイコン)という目玉型のアイテムに魂を封印されてしまった状態で、元の姿に戻るまでは声だけの出演でしたが、戻ってからはライダー達の手助けをしたり、ライダー達と関係が深いたこ焼き屋さんでアルバイトをしたりしていました。

深海マコト、深海カノン兄妹

出典元:https://www.toei.co.jp/

とても優しく女の子らしいキャラクターで人気がありましたが、それ以上に兄である深海マコトのシスコンエピソードがかなりインパクトの強いものだったので、放映終了後数年経っても、お兄ちゃんとの関係で語られることが多いです。

「仮面ライダーゴースト」以降、いくつかのドラマや映画に出演後、満を持してキラメイピンクでの出演が決定した時は、何故かTwitterのトレンドに「マコト兄ちゃん(深海マコトの愛称)」が入ってしまい、深海マコト役の山本涼介さんがコメントするという珍事が起きました。

また、2020年春に新型コロナウイルス対策として「ステイホーム」が掲げられていた時
「#ヒーローが子供達を元気にする」
というハッシュタグで主に特撮ヒーロー経験者が役になり切ってコメントをしていましたが、山本涼介さんは「カノン(良い子のみんな)」に向けており、工藤美桜さんもカノンになり切って返信していました。

これを見ると、本人達も楽しんで兄妹をやっているようです。

やっぱり可愛い!ファッションの多彩さ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」