【3歳~】ごっこ遊びにおすすめ!男の子が夢中になるおもちゃ 5選

目次 目次

子どもの興味に合わせたものを選ぶ

3歳児になると、自我が確立して、他者がしっかり見えるようになると言われています。探究心が高まり、目で見たものや、大人の真似をしたり、憧れるものになりきってみたり、「こんな自分になりたい」という意識も次第に現れるようになってきます。

3歳になる息子も、「パイロットになりたい」など、なりたいものに憧れを抱くようになり、興味や関心が強くなっているようです。また、ヒーローになりきってポーズをとってみるなど、男の子ならではの遊びも見られるようになってきました。
憧れを抱くものになりきって遊んでいる時、どこか自信に満ちた得意げな表情をしているのを見ると、微笑ましく思います。

今回は、様々な「ごっこ遊び」のシチュエーションに合わせた、魅力たっぷりのおもちゃをご紹介します。

シチュエーションに合わせた「ごっこ遊び」で楽しく盛り上げる!男の子に人気のおもちゃ

それでは、男の子に人気のある、「ごっこ遊び」のシチュエーションにふさわしい、おすすめのおもちゃをご紹介していきましょう。
遊びの中に上手に取り入れることで、親子のコミュニケーションが楽しく盛り上がる時間となりますように。

家族 ライフスタイル 仲良し

①お医者さんごっこで、病院嫌いを克服?

お医者さん役と、患者さん役になりきって、様々な医療器具を使いながら、楽しく遊べる「お医者さんごっこセット」はいかがでしょうか?

聴診器や注射などの医療器具は、なかなか本物に触れることができないため、興味を持っているお子様も多いと思います。
聴診器を耳にかけ、注射や、お薬を塗る真似事をしたりして、実際に自分がお医者さんにされたこと、言われたことを思い出しながら、お医者さんになりきって遊べるおもちゃです。

患者さん役の私がわざと、泣いて怖がったりしていると、「今日はどうしましたか?いたくないですよ~。すぐおわりますからね~。はい、もう大丈夫ですよ~。」などと、相手を思いやる言葉も出てくるようになり、精神面の成長を感じることもありました。

そして、お医者さんの白衣姿を見るだけで、泣いていた病院嫌いの息子も、いつの間にか泣かなくなりました。

病院嫌いを克服するきっかけになるかもしれません。
ぜひ親子で楽しんで遊んでみてください。

ボーネルンド(BorneLund )お医者さんセット クライン社

https://d2130aokgzcx3l.cloudfront.net/img/goods/L/KL4624_9c95285f269543e5a94885949f5c4994.jpg

聴診器や注射器など、お医者さんの必需品が全て揃っています。注射器は中に赤いスポンジが入っているので、動かすと採血をしているように見えます!他にも自分の名前を書くことのできるお医者さんのネームバッジなど、子どもたちが実際の使い方を真似しやすい小物ばかりです。また、フタが透明なので中身がわかりやすいデザインです。

②パイロット気分で遊べる、本格的な飛行機のおもちゃ

飛行機に興味を持った3歳の息子と、羽田空港で飛行機の発着陸を見学したときに購入した、おもちゃです。

対象年齢が6歳以上と記載されていますが、本物の飛行機を間近で見た息子は、より本物に近いデザインを手にしたのだと思います。
リアルなジェット音が鳴ったり、ライトが点滅したり、前輪後輪が収納できる仕様になっていたりと、本格的な作りに大喜び!
パイロットになった気分で、離陸の瞬間を何度も再現しながら、夢中で遊んでいます。

また、スタンド付きなので、遊ばない時はインテリアとして飾っておけるのも魅力的です。

リアルサウンドジェット ディスプレイスタンド付き ANA飛行機模型 MT456

Amazon

ボタンを押すとリアルなジェット音が流れ、機体上部と両翼のライトが点滅します。ランディングギアは手動で出し入れ可能!ディスプレイスタンドが付属しているので、遊ばないときは飾って楽しめます♪

③消防士さんになりきって消火活動!