家の中で巨大アート⁉クリスマスムードを高めるドア・ラッピング!【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

クリスマスの前にぜひ!ドアをプレゼントに見立てた巨大アート!

完成イメージは、こちら!

もうすぐクリスマスのこの時期、カラフルなラッピングペーパーを使ったクラフトにチャレンジしてみませんか。
今回ご紹介するのは、ドアサイズの巨大なアートです。

ドアをプレゼントに見立てて、綺麗な包装紙に包んでしまおう!という面白いアイデア。
椅子から立ち上がり、身体を大きく動かしてクラフトに取り組むの楽しいですよ!

クリスマスのラッピングペーパーって、華やかで可愛いですよね。
でも、全部使い切ることがないまま、つい新しいものを買ってしまったり・・・。

もしクローゼットで眠ってるラッピングペーパーがあったら、ぜひ試してみてください!
ラッピングペーパーを大量に楽しく使えるアートが、今回のドア・ラッピングです。

準備するもの

★ラッピングペーパー・・・ドアが包める程度
★シールリボン・・・大きいサイズ1つ
★太めのリボン or 画用紙・・・適量
☆ハサミ
☆メジャー
☆鉛筆
☆テープ

※太めのリボンがない場合は、画用紙で代用できます。筆者は今回、画用紙で作ってみました。ハサミで紙を切る工程が増えるので、切ったり貼ったりする工程をたくさん楽しみたい場合は画用紙で作るリボンもおすすめです!

※ハサミをたくさん使うクラフトです。ハサミを扱える子どもに適しています。

【ステップ1】ドアの大きさを測って、ラッピングペーパーを切ろう。

今回のクラフトは、ドアを丸ごと使います!
ドアの片面にラッピングペーパーを貼りつけ、巨大なプレゼントに見立てるのです。

まず最初のステップは、ドアのサイズ計測!
幅、高さを図って、その通りにラッピングペーパーを切っていきましょう。

最近のラッピングペーパーは、裏に目盛りが振ってあるものが多いのでしょうか。
その目盛りを頼りに、ザクザク切っていってくださいね。

ここでポイントは、ドアノブの部分で一区切り入れておくこと。
ドアノブの部分はラッピングペーパーを貼れないので、そこだけ覚えておくといいでしょう。

【ステップ2】ここが楽しい!ラッピングペーパーをドアに貼っていこう!

ラッピングペーパーをサイズ通りに切れたら、早速ドアに貼っていきましょう!

筆者はテープをわっか状にして、紙の後ろに貼り、ペタペタとドアに貼っていきました。
ドアの塗装が剥がれたら嫌なので、少し粘着力が弱いタイプのテープを使ってもいいですね。

ドアの上部分は子どもが届かいので、大人が代わりに貼ってあげてもいいでしょう。

子どもが綺麗にラッピングを貼るのは難しい場合があります。
多少よれよれしていても大丈夫!
遠めに見たらわからないので、子どもが楽しんで取り組むことを優先してくださいね。

ドアノブの部分は、ラッピングペーパーを避けておきましょう。
筆者はけっこうラフにハサミで切ってしまったのですが、きっと皆さんのほうが綺麗にできるかと思います。

【ステップ3】リボンを貼ろう!

関連記事